債務整理

主婦が借金をする理由と、家族に内緒で借金問題を解決する方法

主婦が借金をする理由と、家族に内緒で借金問題を解決する方法

借金と聞くと、無職やギャンブルにハマっている人を連想しがちですが、実はごく普通の主婦でも借金問題に悩んでいる人は多いのです。

旦那さんに十分な収入があっても主婦が借金をしてしまうのは何故でしょうか?

ここでは、主婦が借金をしてしまう理由と、家族に内緒で借金問題を解決する方法を解説します。

1.主婦が借金をしやすい理由

2010年に貸金業法が改正されて以来、専業主婦が借金をする場合は夫の同意書や収入証明が必要になり、以前に比べれば主婦が配偶者に黙って多額の借入することはできなくなりました。

しかし、現在でも貸金業法の規制を受けない銀行カードローンでの借入や、クレジットカードのショッピングが原因で借金を抱える主婦は少なくありません。

主婦が借金をしてしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

(1) 自由になるお金が少ない

旦那さんに十分な収入があっても、主婦は自由になるお金が少ないので、不足分をクレジットカードやキャッシングに頼りがちです。

仮にパートタイムやアルバイトで働いても収入には限りがあり、専業主婦であれば尚更余裕がありません。

僅かな借入でも回数が重なると大きな負債になってしまいます。

(2) 生活費の補填をする

主婦のほとんどは、一家の家計を預かる立場です。

旦那さんが生活費を稼いできたとしても、月によっては生活費が足りなくなることもあります。

特に子供がいる場合は、教育費、被服費、食費など、夫婦2人で暮らしていたときよりもお金がかかります。生活費が足りない場合は工夫をして捻出しなければなりません

こうした問題は、本来は旦那さんと相談をすべきことですが、主婦は自分ひとりで解決しようとする傾向があります。

そうしたときに、生活費の不足分を一回でもキャッシングで補てんすると、その方法で乗り切ることが習慣化してしまいます。

借りた後は返済に追われるので、生活はどんどん苦しくなります。

(3) 急な出費の穴埋めを強いられる

日常生活を送っていると、急な出費を求められることもあります。家電製品の故障、冠婚葬祭、不慮の事故、病気による入院などがあげられるでしょう。

急な出費が必要なときでも、旦那さんの給料が増える訳ではないので、貯金がなければ借金で穴埋めしなければなりません。

主婦の判断でキャッシングやカード払いで急場を凌ぎ、それをきっかけに借金が増えていくことも多いのです。

(4) 簡単に借りられる

基本的に無職の人は借金はできませんが、旦那さんに収入があれば、主婦が何らかの形で借金をすることは可能です。

専業主婦でも10~30万円程度なら融資してもらうことはできるので、手っ取り早くお金を手にすることができます。

(5) 自由な時間が多い

基本的に専業主婦は自由な時間が多く、時間を持て余し気味にもなるので、散財しがちです。

カードでブランドの洋服やバックなどを購入したり、ギャンブルにハマってしまったりする人もいます。

浪費は旦那さんに内緒という場合が多いので、これは後に大きな家庭内トラブルに発展する原因となります。

(6) ストレスが多い

主婦は意外とストレスを抱えています。

育児や家事は重労働のわりに「やって当たり前」と思われがちです。また、旦那さんや子供との関係もいつも良好とは限らないでしょう。

さらに、対外的にもママ友との付き合いなど、人間関係で神経を使う場面は少なくありません。

そうした中で、ストレスのはけ口を散財に求めてしまい、気が付けば借金まみれになっていた…という主婦も多いのです。

2.主婦が借金を抱えるリスク

主婦が借金をすると、多くのリスクを抱えてしまいます。

(1) 返済能力が低いので返せない

専業主婦やパートタイムの主婦の場合は、そもそも返済能力が低いので、わずかな額の借金でも返すのは大変です。

100万円の借金がある場合、1年間で返済するとしたら毎月約9万円ずつ返さなければなりません。

その場合、1年間の利息は約8万円。仮に外で働いていたとしても、1ヶ月分のパート代がそっくり利息の返済に消えることになります。

主婦が借金を抱えると、返済時には想像以上の負担がかかるのです。

(2) 多重債務になりやすい

主婦は返済能力が低いので、貸金業者もそれほど多額の融資は行っていません。そのため、すぐに限度額一杯になるので、他社からも借り入れをしてしまいます。

複数借りればあっという間に多重債務に陥り、借金の返済額は膨らんでいきます。

(3) 自転車操業に陥る

一度多重債務に陥ると、返済は非常に大変なので、収入の範囲でやりくりすることができなくなります。

そうなると、さらに借り入れできるところを探し、借金をして返済する自転車操業状態になります。

(4) 内緒の場合は精神的プレッシャー大

家族に内緒で借金をした場合には、途中で打ち明けるのが非常に難しくなります。滞りなく返済できているうちは良いですが、返済に行き詰った場合は、督促でバレる可能性もあります。

家族に相談できないまま、返済の負担がのしかかり、さらに嘘をついている後ろめたさ、いつバレるか分からない恐怖で、精神的に参ってしまうでしょう。

(5) 離婚に発展することもある

旦那さんに内緒で借金をしている場合は、バレたときに離婚に発展する可能性もあります。

借金の動機が生活費の補てんであればまだしも、浪費やギャンブルの場合は関係修復ができなくなる恐れもあります。

3.主婦が実践できる借金返済法

主婦が借金を抱えた時、旦那さんにバレたら家庭崩壊になる恐れもあります。

そうなる前に、借金をきれいさっぱり返すにはどんな方法があるでしょうか?

(1) 仕事を始める

専業主婦で借金の返済に行き詰っている場合は、自分で働くのが一番です。

パートやアルバイトでもひと月に数万円は稼げるので、その収入があるとないとでは大違いです。

急に外で働き始めると怪しまれる場合は、在宅ワークを見つけて収入を得るところから始めましょう。

(2) 家計の見直し

家計を見直すことも借金対策には有効です。

主婦の借金は生活費の補填のために行うことが多いので、余計な出費がないか点検し、無駄をなくすことで借金の原因を断ち切ることができます。

家計簿をつけはじめると収支には敏感になるので、衝動買いもなくなります。

また、計画的にお金を使うことが身につくので、今日からでも開始してみましょう。

借金返済のための専用の家計簿を作ることも有効です。

(3) 支出の優先順位をつける

借金払いをするには、無駄遣いを減らすことが肝心ですが、生活水準を急に下げるのは難しく、あまり切り詰めるとストレスもたまるので、そんなときは支払に優先順位をつけてみましょう。

支出を抑えるのは優先順位の低いものにして、優先順位の高いものはこれまでと変わらずにお金を使います。そうすることでストレスなく無駄をなくすことができるでしょう。

(4) 浪費をやめる

もし、買い物やギャンブルが原因で借金をしているのであれば、そうした浪費は今すぐに止める必要があります。

どうしてもやめられない場合は、依存症に陥っている可能性もあります。

実際に買物依存症、ギャンブル依存症と借金は切っても切れない関係にあるので、衝動を抑えられない場合は専門家のカウンセリングを受けることをおすすめします。

4.家族にバレずに借金を整理するには?

主婦が借金を抱えると返済は大変です。

いくら工夫をしても返済の目途が立たないという場合は、債務整理をして借金を減らす、または免除してもらうことを検討しましょう。

しかし、旦那さんや家族に内緒で借金をしている場合、債務整理の方法によっては借金がバレてしまう可能性があります。

家族にバレずに借金を整理するにはどんな方法があるのでしょうか?

(1) 任意整理ならバレる可能性は低い

任意整理は借金を減額する制度で、将来利息をカットすることで借金を減らし、手続き後は残りの元金を支払います。

任意整理は裁判所を介さずに手続きができるので、家族にバレずに手続きをすることができます。

債権者からの書類も弁護士事務所に送って貰えばよいので、弁護士との連絡にだけ気を遣えばバレる可能性は限りなく低いでしょう。

任意整理は基本的に専業主婦でも手続きは可能です。

ただし、減額後の借金について3~5年の間に返済することが前提となるので、夫の収入や家族の援助で弁済費用を賄える場合に限り、本人に収入がなくても認められる可能性はあります。

任意整理をすると、以後5年ほどはクレジットカードを作ったり、新たな借入ができなくなりますが、あくまでも本人名義に限定されるので、旦那さんがローンを組んだり、クレジットカードを持つことに支障はありません。

債務整理をした主婦が旦那さん名義の家族カードを使うことも可能です。

(2) 個人再生は本人に収入があることが前提

個人再生は借金を大幅に減額できる制度で、借金を1/5程度まで圧縮することができます。

100万円以下の負債については利用できないので、借金額の大きい人に適した制度です。

個人再生は手続き後の残債を3~5年かけて返済しなければならないので、基本的に収入のない専業主婦が利用することはできません。

個人再生は本人に継続的で安定的な収入があることが条件となっているので、旦那さんの収入では認可が下りないのです。

収入を得る手段はパートやアルバイトであっても構いません。そのため、今現在既に何らかの形で働いている人の場合は認可される可能性はありますが、専業主婦の方の場合は任意整理か自己破産を選択するのが現実的です。

(3) 自己破産をすると借金は全額免除

自己破産をすると借金は全額免除になります。手続きに際して収入の条件はないので、専業主婦でも利用は可能です。

ただし、自己破産は裁判所に申し立てをするので、その際に夫の収入証明や、通帳などを併せて提出しなければなりません。

その後も裁判所からの連絡、裁判への出席などもあるので、家族に内緒で手続きをするのは困難です。それは個人再生の場合も同様です。

自己破産をすると財産は没収されてしまいますが、あくまでも本人名義の財産に限られるので、住宅や車などが旦那さんの名義であれば特に問題はありません。

ただし、住宅が旦那さんとの共同名義になっている場合は没収の可能性が高いので、その場合、自己破産は避けたほうが良いでしょう。

もし、負債額が大きい場合で、自分名義の財産がなく、旦那さんの理解が得られる場合は、自己破産はメリットの大きい選択となります。

5.主婦の借金問題の解決は泉総合法律事務所へ

主婦は家計をやり繰りする立場にも関わらず、自由になるお金は少ないので、借金を抱えてしまいがちです。

もし、どうしても借金の返済ができないときには債務整理を検討することをおすすめします。

任意整理であれば旦那さんにバレずに手続きすることも可能です。負債額が大きい方は、自分名義の財産がなければ自己破産も決して悪い選択ではありません。

主婦の方の借金は家庭の事情も関係するので非常にデリケートな問題です。泉総合事務所は、そうした個々人の事情にも最大限配慮して対応させて頂きます。

債務整理の相談は何度でも無料ですので、お困りのことがあれば一度ご相談ください。

無料相談受付中! Tel:  0120-066-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-066-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ