債務整理 [事例6]

事業資金、生活費不足で借金総額970万円⇒個人再生手続で330万円に減額

30代男性
借金総額毎月の返済額
970万円 ⇒ 330万円に減額 11万円 ⇒ 5万5000円

背景

Aさんは会社の代表取締役でした。設立から数年間は順調でしたが、震災の影響で業績は一気に傾いてしまいました。そのため、Aさんは事業の運転資金、生活費などの不足分を借金で賄うようになりました。
次第にその借金は膨れ上がり、最終的には約970万円に上りました。アルバイトを掛け持ちするなど、必死で立て直しに尽力しましたが、「今後、自分は一体どうなってしまうのだろう」と強い不安を感じたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんのご希望は、「何とか自宅を残したい」というものでした。そこで個人再生手続を提案しました。しかし、Aさんの借金総額970万円のうち、720万円が会社名義の借金の保証債務でしたので、その債権者が手続に反対した場合、小規模個人再生手続が認められないといったリスクがありました。そこで、そのリスクを回避するために、給与所得者等再生手続での申立を検討しましたが、調査の結果、可処分所得があまりにも高額であり返済が頓挫してしまう可能性があっため、最終的にはAさんの了解を取り、リスクを承知のうえで、小規模個人再生手続にて申立てました。

結果

Aさんのご希望は、「何とか自宅を残したい」というものでした。そこで個人再生手続を提案しました。しかし、Aさんの借金総額970万円のうち、720万円が会社名義の借金の保証債務でしたので、その債権者が手続に反対した場合、小規模個人再生手続が認められないといったリスクがありました。そこで、そのリスクを回避するために、給与所得者等再生手続での申立を検討しましたが、調査の結果、可処分所得があまりにも高額であり返済が頓挫してしまう可能性があっため、最終的にはAさんの了解を取り、リスクを承知のうえで、小規模個人再生手続にて申立てました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel:  0120-066-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-066-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ