不倫慰謝料 [事例7]

妻との不貞相手に対して慰謝料請求⇒100万円を獲得、刑事事件化を回避

40代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求する側 100万円

背景

Aさんは、妻の不貞行為の事実を掴み、不貞相手に対して慰謝料500万円を請求しました。そして、相手方もその不貞行為を認め、500万円の支払を約束する旨の書面を取り交わしていました。しかし、相手方から依頼を受けた代理人弁護士が「500万円を支払う旨の書面は脅迫により取り交わされたため、無効である」と伝えてきました。
さらには、脅迫の被害届が警察へ提出されるなど、Aさんひとりでは対応することが困難であると感じ、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、早速、相手方代理人と連絡を取りました。当初、相手方は支払いを断固拒否するという姿勢でしたが、何度も交渉を重ねていったところ、「100万円の支払であれば応じるが、それ以上の金額なら断固として応じない」と主張してくるようになり、態度を軟化させてきました。

結果

「100万円の支払いになら応じる」との相手方の主張をAさんに伝えたところ、「離婚しないことになったわけだし、当初の慰謝料500万円までは望まない。むしろ刑事事件のことを早期解決させたい」とのことでした。
裁判をすれば増額できる可能性もありましたが、Aさんのお気持ちを優先して、慰謝料100万円を獲得し、刑事事件化しないことを相手方に約束させ、無事解決に至りました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel:  0120-066-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-066-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ